スカジャン五郎とスタジャン詩音

Nana & Goro
そもそもスタジャンとは、”スタジアムジャンパー”の略称で、 選手が練習中や休憩中にも身体を冷やさないために作られた スタジアム用のジャンパーを指します。 「スタジャン」の特徴の一つとして、左胸部分や背中に、 アルファベットや数字の刺繍・プリントが施されています。 一方で「スカジャン」は、”横須賀(ヨコスカ)ジャンパー”の略称とされています。 アメリカでは”スーベニア(土産)ジャケット”と呼ばれていて、 横須賀に駐留していたアメリカ軍人が自分のジャケットに和風の刺繍を入れたことが 始まりと言われており、それ以降アメリカ軍人のお土産として定着していきました。 着物や帯などの日本らしい土産が人気の中、 アメリカ人に親しみのあるベースボールジャケットを基に刺繍を施したところ、 大変な人気を博したと言われています。 それ以降、日本各地の基地から海外の米軍基地でも販売され、 横須賀基地周辺でも一般販売が開始されるようになった結果、 1970年代には「スカジャン」としてファッションにも取り入られるようになったとされています
62
0
おすすめ